鍵の修理交換(泥棒対策)
「カギをなくして交換したい!」「カギが壊れて玄関が開かない!」「ドロボウ対策用のカギに交換したい!」「玄関に追加でカギをつけたい!」こんな時、カギのプロフェッショナル、カギ修理センターにおまかせください。住宅の鍵、玄関の鍵、トイレの鍵、浴室の鍵、オフィスの鍵など、お客様のご要望にお応えいたします。
ロッカー/デスク等の鍵開け
ロッカー/デスク等の鍵開け

■コクヨ製ロッカー(3ピン)鍵開けの場合
ロッカー/デスク等の鍵開け

店舗の出入り口の鍵開け
店舗の出入り口の鍵開け

■玄関の鍵(ピンシリンダー3ピン)の鍵開けをした場合
玄関の鍵開け作業

鍵の交換
鍵の交換

■玄関のドア(SHOWA製ドアノブ)交換の場合
玄関の鍵の交換

シャッターの鍵開け
シャッターの鍵開け

店舗シャッターの鍵開けを行います。
シャッターの鍵開け

※上記料金に出張料金4000円がかかります。
お問い合せは0120-503-119まで
住宅の鍵修理鍵交換鍵開け
鍵の修理鍵の交換鍵開け価格表


手順

住宅・アパート・マンションの開錠
3point
お問い合せは0120-503-119まで
住宅の鍵修理鍵交換鍵開け
価格ボタン

川口鍵修理センター|店舗・オフィスの鍵コラム

■ロッカーの鍵開け|川口市の鍵屋さん

シャッター鍵開けや机鍵開けのテクニックやロッカー鍵開けの方法,プロの技はプロしか使えないからこそ意味があります。特に工場などでシャッター鍵開けが必要になるケースは多く、プロの業者の腕の見せ所です。彼らは机鍵開けやロッカー鍵開けなどの技術も持っており、素人が行うよりはるかにたやすく、しかも仕上がりがきれいな状態で開けてくれるのです。合鍵を作ることで、シャッター鍵開けや机鍵開け、ロッカー鍵開けなどのサービスが不要になるとの意見もありますが、たかが机やロッカーに合鍵を作る人はまれでしょう。職場の机などの鍵は紛失することも多く、いちいち壊していては上司にしかられてしまいます。ロッカー鍵開けの方法や机鍵開け、シャッター鍵開けのテクニックについては、 プロの業者のサイトにもわずかですが情報が載っていて、素人でも工具などを使えばできます。ただ、熟練された技がない限り、きれいに仕上げることはできないので、やはり専門的技術を持つプロに依頼するのが確実です。これは、昔から餅は餅屋といわれる由縁です。

◯開かなくなったロッカーの鍵開けを依頼した時のこと
自宅でバレエ教室を開いているのですが、生徒さん用のロッカーの鍵が開かないという事件が起きてしまいました。鍵がひっかかって動かせなくなってしまったのです。金属製のロッカーですので、無理矢理こじ開けようにも頑丈過ぎて無理でした。ロッカーの中には生徒さんの着替えや財布などが入ったままです。困り果てた私は、鍵開けを依頼するために川口市の鍵屋さん「カギ救急車」を呼びました。 来て下さった業者さんは、ロッカーの鍵が開かない理由をあれこれ調べて解決のための最善の方法を提示して下さいました。最終的には鍵を交換した方が今後の故障のリスクが少ないということになり、その方向でお願いすることにしました。その前にまずは生徒さんの私物を取り出さなくてはなりません。そのことを伝えると、特殊な専用道具ですぐに開けて下さいました。 その後、改めて鍵を交換してもらうことになったのですが、開け閉めの頻度が高いことを考えて頑丈なものを取り付けて下さいました。一人一人のニーズに合わせたサービスを提供して下さる良心的な業者さんだと思います。新しい鍵は何の不具合もなく使うことができています。川口市の鍵屋さん「カギ救急車」に鍵開けを依頼して良かったです。

◯机の鍵開けを依頼した時の話
仕事の大事な書類を入れていた机の鍵が開かないという事態が発生し、鍵開けを依頼するために川口市の鍵屋さん「カギ救急車」に電話をしたことがあります。翌日の会議に必要な書類も含まれていたため、とにかく机を壊してでも開けて欲しいという心境です。電話してすぐに来て下さったスタッフさんに慌てて状況を説明しました。実は、机の鍵が開かないという状況はその時は初めてではありませんでした。かなり年季が入った机ということで、随分前から鍵の部分がおかしくなっていたようなのです。無理矢理ガタガタ動かして開けていたため、完全に壊れてしまっているということです。 そんな状況の中で無事に鍵を開錠できるのか不安でしたが、川口市の鍵屋さん「カギ救急車」の優秀なスタッフさんが丁寧に作業をしてくれました。鍵開けを依頼することなんてそんなにない経験ですので、最初はちゃんと成功するのか心配でオロオロしていました。しかし、その心配も杞憂に終わり何事もなかったかのようにスムーズに引き出しが開いたのです。中から書類を取り出すことができて本当に良かったです。しかも、机には傷一つついていません。今後も鍵が使えるように修理までしてもらうことができました。