川口鍵修理センター受付
鍵交換・鍵修理・鍵開けは、埼玉県川口市鍵のカギ修理センター

開かない金庫でも金庫の鍵を開けるためには川口市の鍵屋110番に依頼することが大事
開かない金庫をそのままにしておいたところ、金庫の鍵を開けてくれる業者あるという話を聞きました。川口市の鍵屋110番に依頼することで、開かない金庫も見事に開けることができるそうです。そこで早速、川口市の鍵屋110番に依頼することにしました。 金庫の鍵を開けることができれば、中にどんなものが入っているのか分かります。ずっと放置していたので、何を入れたのか、すっかり忘れていました。それを知るためにも、川口市の鍵屋110番に依頼することは重要だったのかもしれません。 開かない金庫というのは、金庫の鍵が壊れていたからでした。壊れていてもそこはプロなので、いろいろな道具を使うことによって、金庫の鍵を開けることができました。壊れていた理由としては部品が古くなっていたことや、保存状態が悪かったからのようです。鍵が錆びてしまっていました。 中身を見てみたところ、衝撃的でした。と言うのも、我が家の権利書が入っていたのです。このまま開けずにいたら、とんでもないことになっていたかもしれません。

金庫に入ったままの通帳が取り出せました
実家を出て20年が経過するのですが、母から金庫に入った預金通帳が取り出せなくなったと連絡がありました。話を聞いてみると預金通帳を金庫に入れたのは10年ほど前で、当時は暗証番号を覚えていたけれど今は忘れてしまったという内容でした。預金通帳がすぐに必要だったため、実家に向かい業者をネットで検索しました。そして対象エリアに実家が入っていたため、川口市の鍵屋110番に依頼しました。川口市の鍵屋110番に依頼の電話をすると、とても親切に対応してくれました。金庫の鍵を開ける作業や費用等の詳細も聞けたため、安心感が持てました。川口市の鍵屋110番に依頼してから2時間後、作業員が実家に到着しました。開かない金庫の数字ボタンを確認して、作業が始まったと思ったら、あっという間に鍵が開きました。
まるで魔法のようにスムーズに金庫の鍵を開ける様子を見て、母も私もビックリしました。開かない金庫から預金通帳を無事取り出せた時、ホッとしました。金庫の鍵を開けるプロは、どんな状態の開かない金庫も開ける職人でした。

川口カギ修理センターお問い合せ

3000円割引き

価格ボタン