住宅・アパート・マンションの開錠
「カギをなくしてしまった!」「カギが折れてしまった!」「メットイン(シート)のカギを開けたい!」こんな時、カギを開けるならカギのプロフェッショナル、カギ修理センターにおまかせ下さい。カギ開け、なくした鍵の製作(鍵の複製)など、お客様のご要望にお応えいたします。
メットインの鍵開け
メットインの鍵開け

■メットイン(ホンダDuo平成5年型)の鍵開けの場合
メットインの鍵開け

紛失した鍵の作製
紛失した鍵の作製

■ヤマハジョグ平成13年型のなくしたカギの作製
紛失した鍵の作製

折れた鍵の修理
折れた鍵の修理

鍵が折れて、鍵穴に詰まってしまった場合などの修理を行います。
折れた鍵の修理

※上記料金に出張料金4000円がかかります。
お問い合せは0120-503-119まで
住宅の鍵修理鍵交換鍵開け
鍵の修理鍵の交換鍵開け価格表


手順

住宅・アパート・マンションの開錠
3point
お問い合せは0120-503-119まで
住宅の鍵修理鍵交換鍵開け
価格ボタン

川口鍵修理センター|原付スクーター・バイクの鍵コラム

■原付メットイン鍵開け|川口市の鍵屋さん

【メットインの鍵開け】原付のメットインの鍵を開けてもらった時の事
バイトが終わって原付バイクで帰宅しようとした時に、うっかりしてメットインに鍵を閉じ込めたことに気づきました。スペアキーは自宅にあって、どうすることもできません。自宅の鍵も一緒に閉じ込めてしまったため、別の方法で家にたどり着いてもドアを開けることが不可能です。途方に暮れている自分にバイト先の先輩が川口市の鍵屋さん「カギ救急車」の連絡先を教えてくれました。先輩も以前に原付バイクのメットインに鍵を閉じ込めたことがあって、その時にここにお世話になったということです。 電話をして現在地を伝えると、出張車でスタッフさんが駆けつけてくれました。一番近くの営業所の方が来てくれたようで、到着がものすごく早かったです。こういう事例には慣れているようで、びっくりする位簡単に開けてもらうことができました。無事に鍵を取り出すことができてホッと一安心です。工具で開けてもらったにも関わらず、メットインの鍵は少しも傷んでいませんでした。元のように使えることができて良かったです。実は、この事件以降も同じようなミスをしてしまったのですが、その時にも川口市の鍵屋さん「カギ救急車」のお世話になりました。うっかり者の自分にはなくてはならない存在です。

【鍵の紛失】バイクの鍵の紛失時に助けてくれた川口市の鍵屋さん「カギ救急車」
普段会社へ通勤する時にはバイクに乗って行っているのですが、この前会社から帰る際にバイクの鍵を何処かに落としてしまったようで乗れなくなってしまったことがありました。翌日には会社の重要な会議に出席しなければなりませんので、その準備と睡眠確保は絶対にしておかなければならなく、本当にその時は心臓が冷たく感じました。そして、バイクの鍵の紛失をした時に、私を助けてくれたのが川口市の鍵屋さん「鍵救急車」です。鍵を無くして途方に暮れた私が電話をすると、そこではなくした鍵の作成をすぐに行ってくれるようでした。早速その川口市の鍵屋さん「カギ救急車」のスタッフのかたに来てくれるように伝えると一時間程度の時間ですぐに来てくれました。なくした鍵の作成はお手の物と言った感じで、まず鍵を解錠してくれて、さらに無くなった鍵を当日中に作成してくれました。非常に早い対応で、バイクの鍵の紛失に対応してくれたので本当に感謝しても感謝しきれないほどです。おかげで翌日に備え会議の資料作成も出来ましたし、バイクを使ってその会議が開かれる会社へも行くことが出来ました。川口市で困ったら川口市の鍵屋さん「カギ救急車」を利用するのが良いでしょう。